格安SIMに乗り換える時、データ移行はできる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

格安SIMに乗り換えるにあたって、スマホに入っている電話帳やアプリ、写真などのデータが消えてしまうのではないかと不安に思っている方もいるでしょう。

格安SIMに乗り換える際は中の「SIMカード」を入れ替えることになり、一部のデータが変わります。また機種変更を伴う場合は、そのままだと今までのデータが確かに消えてしまいます。

しかし、あらかじめ移行手続きさえしておけば機種変更時もデータを引き継げるのでご安心を。

今回は、格安SIMへの乗り換えの際に変わるデータの内容や、機種変更の際のデータ移行手続きについて解説します。

記事の通りに手続きを進めれば、データは引き継げるので心配はありません。

格安SIMに乗り換えたとき、スマホで変更されるデータは2つ!

docomoなどの大手キャリアから格安SIMに端末をそのままで乗り換えると、

  • 電話番号
  • メールアドレス

この2つの情報だけが変わることになります。写真や音楽、アプリなど、スマホ内に保存されていたデータはそのまま変わりません。

そして「MNP」という手続きを使って乗り換えるのであれば、電話番号も一切変わりません。MNPを行うなら、乗り換えの際に必要なのはメールアドレスの用意だけです。

生徒にゃん
キャリアのメールアドレスが使えなくなる事には注意しておくニャ

ねこ博士
自分でGmailやYahoo!メールなどのアドレスを用意して使用する手続きが必要じゃ

生徒にゃん
下のリンクを参考にすればメールアドレスの用意もそんなに難しくなさそうニャ

参考:GmailとYahoo!メールの作成方法【図解】

機種変更を伴う乗り換えの時、データを移行する必要あり

写真や音楽、アプリのデータなどを移行する手続きが必要になるのは、スマホの機種を変更する場合だけです。

スマホを変更すると、そのままでは中のデータが引き継がれません。しかしあらかじめデータ移行の手続きさえしておけば、今まで使っていたデータはそのまま残るのでご安心ください。

AndroidとiPhoneにおける主なアプリやデータの移行方法を、解説します。

LINEの機種変更方法

LINEの機種変更手続きは、iPhoneとAndroidで変わりません。まず「設定」の項目を開きましょう。

「設定」内に「アカウント引き継ぎ設定」があるので、ここで「アカウントを引き継ぐ」をオンにしておきます。あとは新しいスマホでLINEをインストール後起動し、同じアカウントでログインすればスタンプの購入履歴や友だちのデータがすべて引き継げます。

生徒にゃん
LINEは大事な連絡手段だから1番に設定しておくニャ

ねこ博士
データ引き継ぎ後は端末にスタンプのデータが保存されていないので、「スタンプ」の「マイスタンプ」からダウンロードするのじゃよ

生徒にゃん
スタンプも以前のものが使えて良かったニャ

写真や音楽の移行方法

Android端末同士で機種変更する場合は、写真や音楽のデータをあらかじめmicroSDカードに保存しておけばmicroSDカードを新しい端末に入れるだけでデータが移行されます。

iPhone同士の場合
端末のデータをiCloudやパソコンにバックアップし、新しい端末でバックアップを読み込めばデータが移行されます。
iPhoneからAndroidに移行する場合
iPhoneの写真や音楽ファイルをパソコンに取り込んでからAndroid端末のストレージやmicroSDカードにデータを移せばOKです。
AndroidからiPhoneに移行する場合
「Move to iOS」のアプリをインストールすれば電話帳やカレンダーなどのデータと共に撮影した写真や動画を移行できます。
音楽データはPCのiTunesに取り込み、iTunesからiPhoneに転送しましょう。

ゲームなどのアプリは個別に移行手続きが必要になることもある

ゲームなどのアプリは、アプリ内の設定画面などでデータの引き継ぎが行える場合やアカウントでログインするシステムの場合は機種変更後も同じデータを使えます。

引き継ぎが必要な場合はゲーム内での指示に従いデータを移行する設定をして、新しい端末に移行しましょう。

ログインだけでOKの場合は、新しい端末で同じアプリをインストールしてからログインすれば大丈夫です。

電話帳の移行方法

電話帳データは、Android端末同士の場合電話帳のアプリから連絡先のデータをGoolgleサーバーにコピーしておけば新しい端末に同じGoogleアカウントでログインするだけで引き継がれます。

iPhone同士での機種変更
設定アプリの「iCloud」で電話帳データの保存をオンにしておけば機種変更後自動でデータが引き継がれます。
AndroidからiPhoneへ乗り換える場合
「Move to iOS」アプリで設定すれば電話帳が引き継がれます。
iPhoneからAndroidへ乗り換える場合
事前にGoogleアカウントを作成し、iPhoneでログインしておいてから「メール/連絡先/カレンダー」の項目で連絡先の項目をオンにしておけば、機種変更後も電話帳が引き継がれます。

オプションでデータ移行のサポートがあるMVNOを選ぶメリット・デメリット

楽天モバイルなど、一部のMVNOではデータ移行のオプションサービスを提供しています。
スタッフが自宅に駆けつけるなどしてデータ移行の設定をしてくれます。こういった設定が苦手な人も、安心ですね。

しかし金額が11,000円など高額になってしまったり、移行できるデータに制限があったりするデメリットがあるため、できればデータ移行は自分で行うことをおすすめします。

データ移行の手続きはいずれも簡単。まずは手続きの流れを確認し、自分で試してみてはどうでしょうか。

ねこ博士
格安SIMに乗り換えると結果的に安くなっても、初期投資も極力抑えたいのなら、無駄なお金は使わず記事を参考に自分でまずは試してみるのじゃ!

生徒にゃん
データ移行を覚えておけば、今後また乗り換える時にも使えて助かるニャ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*