ブラックリスト入りしている人が住宅ローンの審査に通過するための対処法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ブラックリスト入りしている人が住宅ローンの審査に通過するための対処法

「ブラックだけど住宅ローンの審査に通過したい。」
過去にローンの利用で返済トラブルなどを起こしてしまった場合、ブラックリスト入りしているという方もいるのではないでしょうか。
そんな方でも住宅ローンの審査に通過したいと考える方はいますよね。
すでにブラックリスト入りしている人が住宅ローンに申し込みをする場合には、以下のようなことがいえるでしょう。

  • ブラックリスト入りしている状態だと、ほぼ100%審査には通過できない
  • ブラックリストの記録は一定期間で削除される
  • ブラック記録削除後に優良実績を積めば審査に通過できる可能性がある

今回は、ブラックリスト入りしている人が住宅ローンの審査に通過するための対処法について詳しく説明していきます。

ブラックリスト入りしていると、ほぼ100%住宅ローン審査に通過できない

ブラックリスト入りしている人が、住宅ローンに申し込みをしてもほぼ100%の確率で審査に落ちてしまいます。

ブラックリストとは

そもそも正式名称が「ブラックリスト」と呼ばれるものは、存在せず、個人信用情報の中に記録されている「信用事故」という記録の通称名になっています。
個人信用情報とは個人がローンやクレジットカードのキャッシングを利用した時に記録される取引の記録です。
ローン会社や銀行などの金融機関が共有している情報で、他社でどんな取引をしてきたのかを金融業者側が確認できるのです。

住宅ローンの審査でもこの個人信用情報が確認されますが、ブラックリスト状態である「信用事故」の記録がついていると、ほぼ一発で審査落ちとなります。
信用事故の記録がつく条件としては、およそ2ヶ月以上の長期滞納を起こした場合や債務整理などの法的手段を用いて借金問題を解決した場合です。
ほかにも何かしらの返済トラブルを起こし、強制解約などになった場合にもブラックと見なされます。

信用事故記録は一定期間で削除されブラックから外れる

このように一度信用事故の記録が付きブラックリストに記載されてしまうと、住宅ローンに限らずどのローンの審査でもほぼ確実に審査落ちしてしまいます。
しかし一度信用事故記録が付いてしまっても、一定期間が過ぎると信用事故の記録は削除されるのです。

信用事故の記録が削除されるまでにかかる期間

信用事故の削除されるおよその期間は、信用事故の内容によって完済から5〜10年といわれています。

ただし、どのタイミングで信用事故の記録がつくのか正確なことは利用者本人にもわからないことが多いようです。

また信用事故記録がたとえ削除された場合でも、信用事故記録が消えたことが直接本人に通知されることはありません。
正確な信用事故記録の期間を知るため、いつ信用事故情報が消えるのかを知るためにも情報開示請求を行うことをおすすめします。

情報開示請求を行うと信用事故削除の目安がわかる

日本には信用情報機関と呼ばれる個人信用情報を保管している3つの公共機関があります。
そしてそれらの信用情報機関に情報開示請求という手続きを行うことで、自分の個人信用情報を確認することができるのです。

情報開示請求はどの機関でも1000円前後の有料となっており、電話や郵送、窓口などで手続きを行うことができます。
正確に信用事故の記録が消える時期が知りたいという方であれば、一度情報開示請求をしてみるのをおすすめします。

ブラック情報が削除されただけでは住宅ローン審査に通過できない!

信用情報機関に情報開示請求を行い自分の信用事故記録を確認することで、信用事故情報がいつ消えるのかがわかります。

しかし、信用事故の記録が消えたからといって、すぐに住宅ローンに申し込みをして審査に通過できるわけではありません。
審査に通過するためには、一度消えてしまった個人信用情報の信用実績をある程度磨く必要があります。

信用事故記録が削除された直後は個人信用情報が真っ白

完済(または法的な解決)から一定期間が過ぎれば削除される信用事故の記録ですが、信用事故の記録以外に全ての取引情報が一緒に削除されます。
そのため、個人信用情報の履歴は真っ白になっており、通称クレヒス(クレジットヒストリー)スーパーホワイトという状態になるのです。
クレヒススーパーホワイトという状態の人は、以下2つのいずれかに該当します。

  • ローンやクレジットカードを一度も使ったことがない現金主義者
  • 個人信用情報が削除されたばかりの元ブラックリスト入りしていた人

20代など年齢が若ければ、今までローンを利用したことがない現金主義者ということが考えられます。
しかし30代など、ある程度社会人経験を積んでいる年齢で、クレヒススーパーホワイトという状態は真っ先に「元ブラック」を疑われ審査に落ちてしまう可能性があります。

元ブラックはクレジットカードなどで利用実績を積んでから住宅ローンに申し込む

クレヒスが全くない状態だと、「元ブラック」と判断されて審査落ちしてしまう可能性のある住宅ローンの審査では、ある程度実績を積んでから申し込みを行うことをおすすめします。

まずは審査難易度の低いクレジットカードやカードローンなどを利用して、個人信用情報を積み重ねていくことを意識しましょう。
ただし、また返済の遅れなどが発生すると審査落ちの原因になってしまう可能性があります。
適度な金額を利用し、返済日をきちんと守って取引を行いクレヒスを磨くことを心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*