カードローンを利用していると住宅ローンに受からない?受かるためのコツは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カードローンを利用していると住宅ローンに受からない?受かるためのコツは?

これから住宅ローンの申し込みを考えている方の中には、カードローンを利用中という方もいるのではないでしょうか。
カードローンを利用していると、住宅ローン審査に受からないのではと心配な方も多いと思います。
簡単に説明してしまうとカードローンが住宅ローン審査に与える影響は、以下のようなことがいえます。

  • カードローンを利用しているというだけで審査におちることはない
  • 借入状況によっては審査に影響する可能性がある
  • 返済状況によっては審査に影響する可能性がある

今回は、カードローンが住宅ローン審査に与える影響や審査に通過するためのコツについて詳しく説明していきます。

カードローンを利用しているだけで住宅ローンの審査に落ちることはない

住宅ローンの審査においてカードローンを利用しているからといって、すぐに審査に落ちることはありません。
ただし、利用状況や返済状況などによっては審査に悪影響を及ぼす可能性があります。

カードローンを利用し過ぎていると審査に落ちる可能性がある

「カードローンを利用しすぎていると審査に落ちる可能性がある」というのには、以下の2つの意味があります。

  • カードローンで借り過ぎていると審査に落ちる可能性がある
  • カードローンの契約先が多すぎると審査に落ちる可能性がある

それでは、この2つの意味について見ていきましょう。

カードローンで借り過ぎていると審査に落ちる可能性がある

まずは、カードローンで現在借り入れしている金額が多すぎる場合には審査に落ちる可能性があります。
住宅ローンによっても審査基準が異なることや、年収に対する借入額の比率が関係するため一概に◯円以上の借り入れは審査落ちとはいえません。

しかし他のローン商品に比べて金利が高いカードローンの場合、金利が低い自動車ローンなどよりも借入金は厳しくチェックされる傾向があります。

カードローンの契約先が多すぎると審査に落ちる可能性がある

たとえ現在は借り入れしているお金がない場合でも、昔利用していたカードローンを解約していないという人も住宅ローンの審査に悪影響が及ぶ可能性があります。

住宅ローンの審査では、個人信用情報というものが確認されます。
個人信用情報とは、申込者がローン商品やクレジットカードのキャッシングを利用した時に記録されるお金の貸し借りの履歴です。
この履歴を確認することで、住宅ローンの審査では他社の借入状況や返済状況を確認しています。
そして、カードローンの限度額はたとえ借り入れをしていない状態で契約のみの場合でも、「限度額を付与されている状態=限度額分借り入れしている状態」と認識されます。
そのため、借り入れはしていないけれど契約しているカードローンが複数社ある場合には、住宅ローンの審査ではその金額だけ付与されていると認識されてしまうのです。

返済状況によっては審査に影響する可能性がある

またカードローンを利用している方の返済の状況によって、審査に落ちる場合もあります。
カードローンの借入金額が審査通過に問題のない範囲でも、返済日を守らずに返済遅れが確認されると住宅ローンの審査に落ちてしまう可能性があります。

カードローンの返済状況は、借入状況同様に個人信用情報に記録される内容です。
たとえ返済が1日でも遅れた場合には、個人信用情報に返済遅れの記録が残ります。

数日程度の遅れが1回くらいであれば、住宅ローンの審査で問題になることはほぼありません。
しかし、数日程度の返済遅れが何度もある場合には住宅ローン審査に通過するのは難しくなります。

また長期の延滞を起こしている場合には「信用事故」と呼ばれる記録が、個人信用情報につくことになります。
この信用事故の記録が一度つくと、5年〜10年ほど記録が残りその間はどのローン商品でも審査通過がほぼできない「ブラックリスト入り」と呼ばれる状態になります。

カードローン利用者が住宅ローン審査に通過するためのポイント

ここまで住宅ローンの審査に、カードローンが影響を及ぼす理由について説明してきました。
続いて、現在カードローンを利用している方が住宅ローン審査に通過するためのポイントについて説明していきます。

カードローンの借り入れはできるだけ完済してから住宅ローンに申し込む

カードローンの借り入れはどのくらいの金額で住宅ローンの審査に影響してしまうのか、はっきりとしたことはわかりません。
そのため住宅ローンの審査通過率をあげたければ、住宅ローンの申し込み前にカードローンを完済しておくことをおすすめします。

たとえ完済は不可能でも、住宅ローン申し込み前に少しでも多く返済しておけば審査通過の確率は上がりますので、できるだけ申し込み前に返済しておくようにしましょう。

利用していないカードローンは全て解約しておく

「昔カードローンを利用していたけど、完済したのでそのまま放置している。」という方は、カードローンをしっかり解約しておくことが大切です。
先ほども説明した通り、カードローンはたとえ借り入れしていなくても利用限度額を借入額と認識される場合があります。

そのため契約だけしているというカードローンに関しては、必ず解約しておくように心がけましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*