住宅ローン審査にクレジットカードの利用状況は影響がでる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
クレジットカードの利用状況は住宅ローン審査に影響がでる?

住宅ローンを利用するためには必ず審査が行われますが、審査通過が不安な方も多いのではないでしょうか。
住宅ローン審査通過のための不安材料として意外と多いのが、クレジットカードの利用状況です。

クレジットカードを普段から頻繁に利用している人も多く、うっかり返済し忘れてしまった経験のある人も少なくありません。
しかし、このような経験によって住宅ローンに悪影響がでるのかどうかは心配なところですよね。
クレジットカードの利用状況が住宅ローンに影響を及ぼすかどうかは、以下のような状況次第になっています。

  • 過去になにかしらの返済トラブルを起こした場合
  • クレジットカードの所持枚数が多すぎる場合

今回は、クレジットカードの利用状況は住宅ローン審査に影響するのかどうかについて詳しく説明していきます。

クレジットカードの借入状況や返済状況は住宅ローン審査に影響する

まず結果からいってしまうと、クレジットカードの借入状況や返済状況は住宅ローン審査に影響する可能性があります。
ただし、クレジットカードを利用している方全員が住宅ローンの審査に落ちてしまうということもありません。
クレジットカードの利用状況次第では、審査落ちに繋がるような場合もあるということです。

住宅ローンの審査に影響するクレジットカードの利用状況

それでは実際に、クレジットカードのどのような利用状況が住宅ローン審査にどれだけの影響を与えるのかをみていきましょう。

信用事故記録がつくようなトラブルを起こした場合

まず審査に落ちる可能性が非常に高いカードローンの利用状況が、信用事故の記録がついているというものです。
クレジットカードの利用状況は、個人信用情報という金融機関が共通して確認できる情報の中に記録されています。
この個人信用情報とは、ローン取引やクレジットカードなど企業と個人間でお金の貸し借りが発生した時に記録される情報です。

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などの金融機関はこの情報を共通して確認することができます。
そして、この記録の中にはまれに「信用事故」という記録がついてしまうことがあります。
信用事故とは、およそ2ヶ月以上の長期滞納や債務整理など法的な手段を利用して借金問題を解決すると記録されるものです。

この記録が一度ついてしまうと5〜10年ほどは信用事故の記録が残り、通称「ブラックリスト入り」という状態になります。
そしてこの記録がついている期間は、どのローン商品に申し込みをしても審査に通過することはほぼ不可能になってしまうのです。

1日〜数日程度の返済の遅れなら審査通過の可能性あり

ちなみに信用事故の記録がつかない、1日〜数日程度の遅れであれば審査通過の可能性はあります。
ただし、数日の遅れでも個人信用情報には記録されていますので、頻繁に返済の遅れがあった場合には審査通過が難しくなります。

クレヒススーパーホワイトの場合

個人信用情報記録が全くない状態の、クレヒススーパーホワイトと呼ばれる状態に関しても、審査落ちの可能性が非常に高くなります。
「クレヒス=個人信用情報(クレジットヒストリー)」、「スーパーホワイト=記録が全くない」という意味です。

一度信用事故を起こすと信用事故情報が保管されますが、一定期間を過ぎると情報が削除されます。
しかし信用事故の記録が削除される場合には、他の取引記録も含めて全て削除されてしまうのです。
クレヒススーパーホワイトになると、住宅ローン審査で個人信用情報を確認された時に「元ブラック」と判断されやすくなり審査に落ちる可能性が非常に高くなります。

現在のクレジットカード利用額は返済比率次第で影響がでる

返済を滞りなく行なっている場合でも、クレジットカードの利用額状況次第では審査に影響がでる可能性があります。
これは、住宅ローン審査で確認され「返済比率」が大きく関係しています。

返済比率とは、利用者の年収に対する返済費用の総額の割合です。
住宅ローンによっても収入に対する返済費用の比率が何%を超えたら審査落ちの対象になるかの判断にはばらつきがあります。

しかし一般的には、およそ返済比率が35%を超えていると要注意となる目安です。
つまり年収500万円の方の場合、1年にかかるローンなどの返済費用が35%である175万円を超えていると、審査通過が厳しくなるということです。

「クレジットカードをそこまで使っていないから大丈夫。」と考える方もいるかもしれません。
しかし、クレジットカードは与信枠を持っているだけで影響がでる可能性があるので、使っていないクレジットカード与信枠分すでに借り入れがあると見なされる恐れがあるのです。

使っていないクレジットカードを複数枚持っている方は、一度見直しをおすすめします。

住宅ローン審査に通過するために気をつけるべきクレジットカードの使い方

ここまで住宅ローンの審査に落ちてしまうおもなクレジットカードの利用に関する事例を紹介してきました。
次に、クレジットカードを利用している方が住宅ローン審査に通過するための対処法をみていきましょう。

信用事故を起こした人は、記録の削除をとにかく待つ

一度個人信用情報に信用事故の記録がついてしまった人が住宅ローン審査に通過するためには、とにかく事故記録が削除されるのを待つしかありません。
信用事故の記録があとどのくらいで削除されるのかは、信用情報機関への情報開示請求という手続きを行うことで確認できます。(有料)

信用事故の記録が削除されたら、クレヒスを磨く

また、信用事故の記録が一旦事故記録がクリアになっても、クレヒススーパーホワイトの状況になります。
その場合には、審査難易度の低いカードローンやクレジットカードで適度な借り入れ返済を行い、クレヒスをある程度磨いてから申し込みを行うことが肝心です。
一度信用事故を起こすと、確実に住宅ローン審査に通過するためには数年の期間をかける必要があります。

不要なクレジットカードは住宅ローン申し込み前にできるだけ解約する

住宅ローンの審査に落ちてしまう理由の中でも説明した通り、住宅ローンの審査通過には返済比率も重要な項目になっています。
借り過ぎないというのはもちろんですが、使っていないクレジットカードでもこの返済比率を圧迫する恐れがあるため、不要なクレジットカードはできるだけ解約しておくべきです。
住宅ローン申し込みの前に使っていないクレジットカードを整理し、2〜3枚以下にしておくことをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*