住宅ローンの保証会社ありとなしは何が違う?審査難易度にも違いがある!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの保証会社ありとなしは何が違う?審査難易度にも違いがある!

これから住宅ローンを利用しようと考えている方の中には、すでにいくつかの住宅ローン商品を候補にあげている方もいるのではないでしょうか。

いくつかの住宅ローンを比較していると「保証会社あり」と「保証会社なし」の住宅ローンを見つける方も多いと思います。
住宅ローンの保証会社事情には以下のようなものがあります。

  • 住宅ローンによって保証会社があるところとないところがある
  • 住宅ローンの保証会社のタイプによっても審査難易度が変わる

今回は、住宅ローンで保証会社があるタイプとないタイプのそれぞれの特徴や、保証会社のタイプによる審査難易度などについて詳しく説明していきます。

住宅ローンによって保証会社があるところとないところがある

現在は、さまざまな業者や銀行などが住宅ローンを取り扱っていますが、住宅ローンによって保証会社があるところとないところがあります。

そもそも保証会社とは、住宅ローン契約後に万が一利用者が返済不能に陥った場合などに代位弁済などを行なってくれる業者のことです。
つまり利用者の保証人のような役割を担っている会社だといえます

保証会社ありの住宅ローンは保証料がかかる

保証会社ありの住宅ローンをみていると、「保証料」という料金がかかっていることがわかります。
逆に保証会社が不要な住宅ローンの場合には、この保証料がかかることはありません。

ちなみに保証会社を立てている住宅ローンでも保証料はそれぞれに価格が違います。
そのため、一概に「○円」かかるとはいえませんが、35年ローンで3000万円ほどの融資を受けた場合には、60万円ほどの保証料が大まかな目安となります。

保証会社なしでも保証人不要の住宅ローンがほとんど

住宅ローンの保証会社とは利用者の保証人のような役割を果たしており、万が一返済ができなくなってしまった場合に、利用者に変わって弁済を行なってくれます。
ただし、保証会社にお金を返してもらったからといって、利用者に返済の義務がなくなるというわけではなく、債権者が銀行から保証会社に変わるというだけです。

そのため借入金自体は残ることになり、今度は保証会社に対して返済を行なっていくことになるのです。

また、保証会社なしの住宅ローンではこのような弁済システムがないため、普通に考えると保証会社の代わりとなる保証人を立てる必要がありそうですよね。
しかし保証会社なしの住宅ローンでも、保証人不要のところも多くなっています。

住宅ローンの保証会社のタイプによっても審査難易度が変わる

このように住宅ローンには、保証会社のあるタイプとないタイプのものが存在しています。
そして保証会社の「あり」「なし」や、住宅ローンが委託している保証会社のタイプによって審査難易度をある程度推測することができます。

保証会社ありよりも保証会社なしの方が審査は厳しい

住宅ローンは、保証会社ありよりも保証会社なしの方が審査が厳しくなる傾向があります。

これは保証会社をつけないことによって、直接お金を貸すことになる銀行側の貸し倒れのリスクが高くなるためです。

保証会社を間に挟まないということは、万が一利用者が返済不能に陥っても代弁してくれる場所はありません。
そのためそのマイナスをそのまま銀行が受け入れることになってしまうのです。

よって貸し倒れのリスクが保証会社ありよりも高くなってしまうことから、保証会社なしの方が審査が厳しくなってしまいます。

保証会社のタイプによっても審査難易度に違いがある

保証会社があるものとないもので審査難易度が違うように、保証会社のタイプによっても審査難易度は変化します
保証会社ごとの審査難易度も一緒に見ていきまそう。

グループ会社の保証会社を利用している住宅ローンは審査が厳しめ

住宅ローンの保証会社には、住宅ローンを取り扱っている銀行のグループ会社が保証会社になっているというパターンがよくあります。
このような住宅ローンの場合、貸し倒れのリスクは結局同じグループ会社内にありますので、外部に保証会社を委託している場合よりもリスクが高くなります。
その結果、審査は別の保証会社のタイプに比べて厳しくなります。

共同設立の保証会社を利用している住宅ローンはグループ会社の保証会社より審査が優しめ

住宅ローンの保証会社の中には、その住宅ローンを取り扱う銀行のグループ会社ではないが、他社との共同出資によって設立されたような保証会社もあります。
共同設立の保証会社の場合、万が一利用者が返済不能に陥ったとしても、自社と他社で貸し倒れのリスクが分散します。
そのため、グループ会社の保証会社を利用している住宅ローンよりも審査は優しめの傾向があります。

外部の保証会社を利用している住宅ローンは審査が優しめ

住宅ローンの保証会社の中には、住宅ローンを取り扱う業者とは全く関係のない保証会社を利用している場合があります。
このように外部の保証会社を利用している場合には、貸し倒れのリスクが自社にはありませんので審査は比較的優しめになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*