住宅ローンの在籍確認とは?いつどんな内容で行われるのかを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの在籍確認とは?いつどんな内容で行われるのかを徹底解説

住宅ローンに申し込みをした時に必ず行われるのが審査ですが、住宅ローンの審査で行われる在籍確認を知っていますか?

住宅ローンの在籍確認とは以下のようなものです。

  • 在籍確認とは申込者が申告した勤務先に本当に在籍しているかどうかを確かめるための手続き
  • 基本的には電話での在籍確認が行われるが書類での確認などの場合もある
  • 仮審査通過後、本審査の最終段階で行われることが多い

今回は、住宅ローンの在籍確認について詳しく説明していきます。

在籍確認とは

在籍確認とは、先ほども説明した通り申込者が本当に申告した勤務先に勤めているかどうかを確認するための方法です。
在籍確認にはいくつかの方法がありますが、基本的には勤務先に電話をかけて申し込み者が在籍しているかどうかを確認するという方法が主流になっています。

在籍確認はなぜ行う必要があるの?

住宅ローンの申し込みを行うと審査の最終段階で在籍確認が行われます。
申込者の方の中には、「勤務先になぜわざわざ電話をかけるのか」と不快に感じる方もいるかもしれませんね。

住宅ローンを借り入れするには長期的な返済が必要になることも多く、長期的に安定した収入が得られることが審査に通過するためのポイントでもあります。
実は仕事をしていないのに審査に通過するために申し込みの段階で嘘の勤務先を申告して審査に通過しようとする人もいます。

住宅ローンの申し込みには源泉徴収票などを提出するところもありますが、源泉徴収票はあくまでも前年度の収入を証明するためのものです。
そのため、源泉徴収票が提出できたとしても、すでに退職済みの勤務先を申告する人なども中にはいます。

このような嘘の申告をしていないかどうかを確認するためにも在籍確認は行われるのです。

在籍確認の方法

在籍確認をとるためにはいくつかの確認方法がありますが、一番メインで利用されることが多いのが勤務先への電話での在籍確認です。

電話での在籍確認の具体的な内容

電話での在籍確認の具体的な内容としては、勤務先に個人名を名乗って申込者宛に電話をしてきます。
もっと具体的にいってしまうと「私、山田(住宅ローンの在籍確認担当者)と申しますが鈴木一朗さん(申込者名)はいらっしゃいますか?」といった内容で電話をかけてきます。

さらに、本人が電話に出た場合と本人不在時の場合でも対応が変化していきます。

本人が電話に出た場合

在籍確認の電話に本人が出た場合、以下のようなことを確認されます。

  • ローン申込者名が間違いないか
  • 住所
  • 電話番号

本人が電話に出てしまえば、基本的には1分以内には電話が終わってしまうような内容です。
本人であることの確認が取れてしまえば、在籍確認は完了します。

本人不在の場合

在籍確認の電話がかかってきた時に、職場に本人が不在の場合でも電話対応者の回答次第で在籍確認は完了します。

たとえば「鈴木(申込者名)は、本日お休みをいただいています。」とか「鈴木(申込者名)は、ただいま席を外しています。」など、申込者が勤務先に在籍しているという確認ができれば在籍確認は完了です。

逆に「私的な電話には一切回答できません」とか「鈴木(申込者名)は先月退職しました。」などと回答されると、在籍確認がとれないので審査に落ちる可能性があります。

在籍確認が行われるタイミング

住宅ローンの審査は、以下のような流れで行われることが多くなっています。

  1. 仮審査
  2. 本審査
  3. 在籍確認

このように在籍確認は、住宅ローンの仮審査と本審査に通過した人のみが最終的に行われる確認なのです。
逆にいえば仮審査や本審査に通過していない人は在籍確認の電話がくることはありません。

審査の所要時間によって在籍確認のタイミングを予測することは可能

先ほども説明した通り、住宅ローン審査の在籍確認は、審査の最終段階で行われることがほとんどです。
そのため申し込みから審査結果がわかるまでの期間が事前にわかっていれば、どのタイミングで在籍確認の電話がくるのかおよそのタイミングをつかむことができます。

たとえば、申し込みから審査までに3週間程度の時間がかかる住宅ローンであれば申し込みからおよそ3週間後くらいに在籍確認がくることが予測できるのです。
在籍確認が来る前に準備をしておきたい方は、住宅ローン申し込みの際に審査結果がどのくらいでくるかを聞いておくとよいでしょう。

在籍確認は事前の準備が大切

これまで説明してきたように、在籍確認の電話はある日突然勤務先に個人名を名乗って電話がかかってきます。

本人が在籍中であれば問題ないことも多いのですが、本人不在の場合には注意が必要です。
普段、申込者宛に個人名で電話が来ることがないような職場であれば、怪しまれて「そんな人はいない」などと回答されてしまう危険性があります。
このようなことがないように、住宅ローンに申し込みをしたら事前に職場の人々に「在籍確認の電話が来る」と伝えておくとよいでしょう。

さらに、個人情報の保護に厳しい職場では「プライベートな電話には一切回答できない」などと答えられてしまう可能性もあります。
このように個人情報の取り扱いが厳重な勤務先に勤めている方は、事前に住宅ローン担当者にその旨を伝えておきましょう。
社会保険証などでの書類確認にて、在籍確認を完了させてもらえる可能性がありますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*