住宅ローンの優遇金利とは?金利をお得に下げるためのコツを解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの優遇金利とは?金利をお得に下げるためのコツを解説

現在住宅ローン選びで悩んでいる方の中には、少しでも低い金利で借り入れできる住宅ローンを探している方も多いのではないでしょうか。

金利は、住宅ローンの返済額を決める重要な利率であり、金利が高ければその分返済額も増える可能性が高くなります。
広告などで大きく表示されている金利だけをチェックしているという方もいると思いますが、優遇金利までチェックすると金利が下がる住宅ローンを見つけることができるかもしれません。

ここでは以下のような優遇金利についての説明を行なっていきます。

  • 住宅ローンには基準金利と優遇金利がある
  • 優遇金利として金融機関などで行われているサービス
  • 優遇金利の中にも通年優遇と当初優遇がある

自分の収入やライフスタイルに合う住宅ローンを選ぶためにも、ここで優遇金利についての正しい知識を身につけていきましょう。

住宅ローンには基準金利や優遇金利という金利のタイプがある

まず最初に理解しておきたいのが、住宅ローンにおける金利のタイプです。
住宅ローンには大きく分けて「基準金利」と呼ばれているものと「優遇金利」と呼ばれているものの2種類があります。

基準金利とは

基準金利とは、名前の通り金融機関など住宅ローンサービスを提供する側が定めた基準となる住宅ローンの金利です。
市場の金利動向などに合わせて、それぞれの住宅ローンサービス提供側が金利を定めています。

基準金利の他にも表面金利・店頭金利・店頭表示金利などの呼び名がありますが、基本的に何も差し引かれていないその住宅ローンの一番ベーシックな金利設定のことを指します。
基本的に基準金利がそのまま適用になる住宅ローンは少ないといえるでしょう。

優遇金利とは

優遇金利とは、基準金利から住宅ローンの定める何かしらの金利割引サービスにより、割り引かれた金利のことを指します。
割引が適用になる条件は住宅ローンによっても異なり、住宅ローンが定める所定の条件を満たすことで割引が適用されるのです。

優遇金利にもいくつかの呼び名があり、借入金利や引下げ金利、適用金利などと呼ばれることもあります。

優遇金利として行われているおもな割引の条件

住宅ローンを取り扱う金融機関などによっても、それぞれ割引の条件は異なります。
そのため、ある程度借り入れを行う住宅ローンに目星をつけている方であれば、割引内容をホームページなどで確認しておくのもよいでしょう。

ここでは、一般的に割引の条件として多く採用されているものを紹介しておきます。

新規契約割引

住宅ローンの新規契約者を対象に適用される割引です。
条件としては新規契約者であることだけということも多く、割引対象者が多いのも特徴です。

借り換え割引

すでに、他社で住宅ローンを契約しており、その住宅ローンを借り換えする際に適用になる割引です。
新規契約割引が適用にならない方であれば、こちらの借り換え割引の対象になるという方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンを提供している金融機関口座を給与振込口座にする

銀行などで割引条件にしているものの中に、住宅ローンを提供している金融機関口座を給与振込口座にするという条件があります。
住宅ローンを取り扱う金融機関の口座に給与が振り込まれることで、金融機関側は契約者の収入を随時確認することができるためです。

住宅ローンを提供している金融機関口座を住宅ローン返済の自動引き落とし口座に指定する

先ほどの給与振込口座の利用と同じく、銀行などで行われている割引条件の1つです。
住宅ローンを提供している金融機関の普通預金口座を住宅ローンの自動振替口座に指定することで割引が適用になります。
こちらも他銀行から自動引き落としを行うコストの削減に繋がるため、割引が適用になる場合があります。

その他、サービス併用にて割引が適用になる

その他にも、住宅ローン提供元の銀行が提供しているクレジットカードやカードローンサービスの入会などにより金利を割り引いてくれる場合があります。

優遇金利の種類

これまで優遇金利とはなんなのか、優遇金利が適用される条件などについて説明をしてきました。
基準金利から割引分を差し引いたものが優遇金利となりますが、優遇金利にも以下2つの種類が存在します。

  • 当初優遇
  • 通期優遇

当初優遇とは

借り入れから住宅ローン完済の中の一定期間だけ適用される優遇金利のことを「当初優遇」と呼びます。

住宅ローン提供側によって定められた一定期間のみ優遇金利が適用になり、期間が終了すると所定の金利に戻るというものです。
通気期優遇よりも金利水準が低めに設定されていることが多く、自分のライフプランに合わせて金利の変動が起こることで、返済がしやすくなる可能性があります。

通期優遇とは

借り入れスタートから完済までの間、ずっと適用になる優遇金利のことを「通期優遇」と呼びます。

完済まで金利が変動しないので借り入れ当初の優遇金利のままとなり、返済プランが立てやすくなります。
金利自体は当初優遇よりも高くなる傾向がありますが、金利が終始変動しないという安定感があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*