住宅ローンの借り換えタイミングはいつがベスト?お得な時期を徹底調査

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの借り換えタイミングはいつがベスト?お得な時期を徹底調査

これから住宅ローンの借り換えを考えている方の中には、少しでもお得なタイミングで借り換えをしたいと考える方も多いのではないでしょうか。

住宅ローンの借り換えはそもそも、今よりもお得な条件で利用することが目的で行なうものです。
しかし借り換えには諸経費もかかるため、時期によっては借り換え前よりも返済総額が増えてしまう可能性もあります。

住宅ローンを借り換えるタイミングを見極めるためには、以下のような内容を確認しておくことが大切です。

  • 金利差が1%以上
  • 借入期間や残りの返済期間が10年以上
  • 返済総額が1,000万円以上

今回は、住宅ローンの借り換えのタイミングはいつがベストなのか、お得な時期を見極めるための方法について詳しく説明していきます。

住宅ローン借り換えタイミングはいつがベスト?

住宅ローンの借り換えを考えているけれど、どうせ借り換えをするのなら一番お得になるタイミングで行ないたいと考えている方は多いと思います。

しかし、住宅ローンの借り換えのベストなタイミングというのは「返済が始まってから◯年後」と確実な年数を指定することはできません。
これは借入の条件や月々の返済額などが、契約者それぞれに異なるためです。

そのため、住宅ローン借り換えのタイミングは、自分の住宅ローン契約を把握してしっかりと自分で考えていくのがベストです。
それでは次項から、住宅ローン借り換えのお得な時期を見極めるためのチェック項目を確認していきましょう。

金利差

住宅ローンの借り換えを検討しているのであれば考えなければならないのは、返済利息総額が安くなるのかどうかです。
総返済額が高くなっても、月々の返済額が安くなった方がいいという場合は別として、借り換えを検討するのであれば返済総額を安くすることがお得にするコツになります。
住宅ローンの返済総額がお得になるかどうかの判断材料の1つとして、必ず確認したいのが金利です。

目安としては金利差1%以上のものなら借り換えでお得になる可能性大

大まかな目安としては、現在借り入れている住宅ローンの金利と、これから借り換えを検討している住宅ローンの金利差が1%以上ある場合になります。
たった1%と思う方もいるかもしれませんが、数十年という長期で返済を行なうことが多い住宅ローンは1%の差でも大きく利息総額が変化します。

ただし金利差だけを見て借り換えするのは危険

「住宅ローンの借り換えを行なうのは、金利差の大きな住宅ローンを見つけた時」というのも一理ありますが、金利だけで借り換え先を選んでしまうのも非常に危険なことです。
「金利差が大きい=利息が軽減できる可能性がある」ということですが、借り換えには借換え手数料などの諸経費もかかることになります。

そのため、金利の低い住宅ローンを見つけたら、まずは返済シミュレーションを行ないどのくらいの利息削減が見込めるかを計算した上で、さらに手数料などを考慮していく必要があります。
削減できる利息分から借り換えのための諸経費を差し引き、それでも十分にお得になるようでしたら、その借り換えローンを選ぶ価値は十分にあるといえるでしょう。

借入期間や残りの返済期間

住宅ローンの借り換えのタイミングはそもそもの借入期間や残りの返済期間もチェックする必要があります。

借り換え前と借り換え後の借入期間が10年以上ある

たとえば、元々借入している住宅ローンの借入期間が10年以上で借り換え先の借入期間も10年以上になるという場合には、借り換えがおすすめできます。

元の住宅ローンで既に返済を行なっている期間にも左右されますが、基本的に借入期間が10年以上の住宅ローン同士の借り換えなら住宅ローン控除が適用になるためです。
住宅ローン控除は借り換え前と借り換え後の合算で最長10年適用になりますが、借り換え先の借入期間が10年未満であれば、住宅ローン控除は対象にはなりません。

残りの返済期間が10年以上ある

残りの返済期間が10年以上ある場合にも、借り換えのチャンスとなります。

先ほども説明した通り、借入期間が10年以上となっており、返済期間が10年未満であれば住宅ローンの控除が利用できます。
さらに返済期間が長ければ長いほど、金利差によって削減される利息額も大きくなる傾向があるのです。

金利差で少しでも利息額を軽減したい場合には、返済期間もまだまだ長期化している方がよりお得になる可能性が高くなります。

返済総額

住宅ローンの借り換えを行なうタイミングとして、あまりに返済総額が減っている場合には、借りかをおすすめできません。
目安としては残りの返済額が1000万円以上あれば、借り換えを行なっても問題ないタイミングといえるでしょう。

金利は日々の返済額に利率が掛けられ、それによって利息が大きくことなっていきます。
そのため、金利差で最大限利息を減らすためには、残りの返済額が大きいほど利息の差が大きくなる可能性があるのです。

逆に、返済額が1000万円未満で返済年数も短ければ、いくら金利が低くなるとはいえ、諸経費などで結局借り換え前より高くなってしまう可能性があります。
借り換えのタイミングを見る場合には、残りの返済額が1000万円以上であることを目安にしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*