住宅ローン借り換えのメリット・デメリットを詳しく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローン借り換えのメリット・デメリットを詳しく解説

「そろそろ住宅ローンの見直しをしたい。」と借り換え先を探している方もいるのではないでしょうか。
住宅ローンは借り換えを行なうことによって、金利を引き下げたりより好条件で返済できる可能性が高くなります。

しかし住宅ローンの借り換えは、選び方を間違えてしまうと逆にデメリットばかりになってしまう可能性もあるのです。
今回は、住宅ローン借り換えのメリット・デメリットについて詳しく解説していきます。

そもそも住宅ローンの借り換えとは?

そもそも住宅ローンの借り換えとは、現在借入している住宅ローン商品から他の住宅ローン商品に契約を変えることをいいます。

借り換え先の住宅ローンから融資を受け、その融資額で当初契約していた住宅ローンに全額返済を行なうのです。
あとは、新たに借り入れた住宅ローンに残りの返済額を返済していくことになります。

住宅ローン借り換えのメリット

住宅ローンの借り換えは、本来住宅ローンの契約条件にメリットを増やすために行なうものです。
以下で説明する住宅ローン借り換えのメリットは、借り換え先を見極めるためにも重要なポイントとなります。

返済利息を削減できる

住宅ローンの借り換えのメリットとしてまず挙げられるのが、返済利息を削減できるというメリットです。
利息を減らせるということは、返済する総額を減らすことにもつながっていきます。

返済利息を削減するためにまず確認することは借り換え先の金利になりますが、現在の金利よりも1%以上低い金利条件を提示しているところであれば、お得な借り換えができるチャンスがあります。

たった1%と考える方もいますが、住宅ローンの返済期間は数十年に及ぶものも多く、借入金額も数千万円に上るものです。
そのためたった1%の金利差であっても、大きな利息の差額を生み出す可能性があります。

実際に借り換えを検討している住宅ローンの返済シミュレーターなどを利用して、どのくら返済総額に変化があるのかを確認してみましょう。

実際にどのくらいの状態なら借り換えで返済総額を安くできるかは、以下の記事でまとめました。

金利タイプの変更ができる

住宅ローン借り換えのもう1つのメリットが、金利タイプの変更が可能な点です。
現在借入している住宅ローンに関しても、契約当初は金利タイプを選択したはずですね。
住宅ローンには、基本的に以下の3つの金利タイプがあります。

  • 全期固定型金利
  • 変動金利
  • 固定期間選択型金利

現在の住宅ローンに関しても、いずれかの金利タイプを選択しているはずです。
そしてそれぞれの金利タイプには、それぞれのメリット・デメリットがあり、情勢や状況などによって、どの金利がお得になるのかが変わっていきます。

そのため、最初は固定金利で借りていたが変動金利がしばらく下がりそうなタイミングで変動金利タイプに借り換えを行なえば、お得な金利で返済することができるようになるでしょう。

また固定期間選択型は、固定期間中は金利が優遇されていることも多いため、固定期間が終わってしまうと金利が上がってしまうことがあります。

そのようなタイミングで好条件の住宅ローンに借り換えれば、再び低い金利で住宅ローンを利用できる可能性があるのです。

↓各金利タイプの特徴はこちらに詳しくまとめました。

住宅ローン借り換えのデメリット

住宅ローンの借り換えには、メリット同様にデメリットも存在します。
しかし、デメリットをしっかりと理解して対処することで、借り換え時のマイナスポイントを最小限に抑えることができるでしょう。

住宅ローンの借り換えには諸経費がかかる

住宅ローンの借り換えは、新たに銀行や住宅ローンを取り扱う業者と契約を結ぶ必要があります。
そのため、住宅ローンの借り換えを行なう場合には諸経費が発生するのです。

諸経費には、住宅ローンの借り換え手数料や保険料、さらに必要であれば団体信用生命保険への加入費用などがかかる可能性があります。

借り換え先の住宅ローンによっても諸経費は異なりますが、高額になると200万円以上の諸経費がかかる場合もあるのです。
金利の低さや金利タイプだけを見て借入先を検討すると、諸経費が逆に高くついて総体的に金額が安くならないことがあります。

住宅ローンの借り換えを行なう場合には、返済シミュレーションを事前に行なうとともに諸経費がいくらかかるのかも必ず計算しておくようにしましょう。

金利タイプを変更することへのリスク

住宅ローンの借り換えによって金利タイプが変更できるのは、よりお得な金利を選べるという点ではメリットになります。

しかし、将来的に金利がどのように変化していくのかを確実に予測することはできません。
そのため借り換え当初の金利がお得になったとしても、長い年月が経過することにより情勢が大きく変化して、結局借り換え前の方が利息が安くなる可能性も多いにあるのです。

このようなリスクは、借り換え前であってもあることですが、目先の金利ばかりに着目していると、後々金利が上がってしまう可能性もあります。

借り換えを行なう場合には、金利タイプだけではなく、総合的な面で今後も支払っていけるかどうかを確認した上で借り換え申し込みをするようにしましょう。

↓近年の住宅ローンの金利推移はこちらで詳しく解説しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*