住宅ローンの頭金を徹底解説!ないと住宅ローンは借り入れできないの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
住宅ローンの頭金を徹底解説!ないと住宅ローンは借り入れできないの?

「住宅ローンを利用するのであれば頭金が沢山あった方がいい。」

これから住宅ローンを利用する方の中には、このような言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

住宅ローンを借り入れるのであれば、ある程度の金額を用意するべきと言われる頭金とは実際にどんな役割を果たしているのか気になるところですよね。

ここでは住宅ローンの頭金とはなんなのか、また頭金がないと住宅ローンを借り入れすることはできないのかなどについて詳しくまとめました。

住宅ローンの頭金とは?

住宅ローンの頭金とは、住宅ローンの契約時に現金などで支払うまとまったお金のことです。

たとえば貯金が300万円あり、その中から住宅ローンの契約時に200万円を支払ったのであれば頭金として200万円を支払ったということになります。

しかし貯金が300万円あったとしても、住宅ローン契約時に支払ったお金が100万円であれば頭金は100万円ということになります。

「頭金は多ければ多いほど良い」ということは住宅ローンの借り入れをする時によく耳にする言葉ですが、これには以下のような理由があるのです。

頭金なしに比べて住宅ローンの毎月の支払額が少なくなる

「頭金が沢山あった方がいい」と言われる理由の1つが、頭金が全くない状態と比べて住宅ローンの毎月の返済額が少なくなるという点があげられます。

たとえば3000万円を借り入れした場合、頭金がないと月々の返済が残り3000万円+利息からのスタートになります。
これに対して同じ3000万円を借り入れした場合でも、頭金が500万円あれば月々の返済が残り2500万円+利息からのスタートとなるのです。

このようなことからも、頭金があるのとないのでは同じ期間返済するのであれば当然総返済額が少なくなる頭金ありの方が返済額も低くなり、月々の返済負担が軽減されます。

支払う利息が頭金なしに比べて少ない

上でも説明した通り、同じ金額を借り入れたとしても頭金ありと頭金なしとでは、月々の返済スタート時点での借り入れ残高に差が生じます。そしてこの差は利息にも現れるのです。

基本的に利息というのは、借入残高に金利を掛けた金額で計算されます。
そのため、借入残高が少なければ同じ金利を掛けても利息も少なくなるのです。
どれくらい利息の差が現れるのかは最初に支払う頭金によっても異なりますが、頭金の金額が高額であればあるほど利息が低くなると言えるでしょう。

頭金がある方が審査で有利になりやすい

頭金があると毎月の支払額を軽減する効果、利息を軽減する効果、支払い期間を短縮できる効果などもありますが、住宅ローンの審査でも有利に働くことがあります。

そもそも住宅ローンは、数千万円の借入となることも多いため、その分契約者が返済不能に陥ってしまった場合の貸し倒れのリスクも高くなるのです。

しかし頭金がある場合、最初に現金での支払いが発生するので貸し倒れのリスクを軽減する効果があります。
このような理由からも、頭金が多い方が審査に通過しやすい傾向があり、融資額も高くなりやすいのです。

頭金はどれくらい必要?頭金がないと住宅ローンは借りられないの?

ここまで頭金とはなんなのか、また頭金を支払うことで得られるメリットなどについて説明してきました。

しかし、一般的に頭金とはどれくらいの金額を用意するものなのでしょうか。
また、頭金が全くない場合には、住宅ローンを借り入れできないのかどうかについても調べてみました。

頭金は借入額の2割程度が理想だが頭金なしでも借り入れは可能

住宅ローンの頭金は借入額の2割程度が理想と言われています。

つまり、3000万円の借り入れであれば600万円程度の頭金があると理想的で審査にも通過しやすくなるのです。

ただし、住宅ローンの審査は年収や勤務年数、他のローン状況などの総合評価で審査の可否が決定しますので、必ず頭金が2割ないと審査に通過できない訳ではありません。

また、近年ではネット銀行の登場や競争激化に伴い銀行側はなんとか顧客を増やしたいという状況です。
そのため最近では、「頭金ゼロでも借り入れOK」などという住宅ローンも増加してきました。

頭金がない分、借入可能額は少なくなってしまう可能性はありますが、審査に通過できる可能性は十分にあります。


無理に頭金を捻出する必要はない

「頭金をできるだけ多く支払っておけば、残りの返済が楽になる。」

確かにこのような事実はありますが、貯蓄を全て住宅ローンの頭金に使ってしまうのは非常に危険です。

たとえば貯蓄額500万円ある世帯が、住宅ローンの頭金に500万円を支払ってしまえば、その時点で貯金はゼロになります。
こうなってしまうと、住宅ローンの返済額が減ったとしても、手持ちの現金がゼロになってしまい、事故や病気、その他の急な出費に対応できなくなってしまう恐れがあるのです。

頭金を少しでも多く支払うことは、確かに後の返済が楽になる可能性がありますが、手持ちの現金にも余裕を持って頭金を用意することをおすすめします。
理想としては、毎月の生活費の半年分は残せる状態で頭金が用意できると良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*