マイカーローンがあっても住宅ローン審査通過は可能!ただし融資額に影響がでる可能性あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マイカーローンがあっても住宅ローン審査通過は可能!ただし融資額に影響がでる可能性あり

これから住宅ローンを利用しようと考えている方の中には、マイカーローンを返済中という方も多いのではないでしょうか。
そんな時に不安になるのが、マイカーローンがあっても住宅ローン審査に通過できるのかどうか?ですよね。
マイカーローンを利用中の方が住宅ローン審査に申し込みをすると、以下のような影響がでる可能性があります。

  • マイカーローンがあっても審査に通過できる可能性は十分ある
  • ただし審査には通過できるが、住宅ローンの融資額が減額される可能性がある

マイカーローンと住宅ローンの関係性について詳しくみていきましょう。

マイカーローンがあっても住宅ローン審査に通過することは可能

マイカーローンを現在返済中の方でも、特に以下のような問題がなければマイカーローンが原因となって審査に落ちることはありません。

借り入れしているマイカーローンの金額が収入に対して高額

借り入れしているマイカーローンが収入に対して、あまりにも高額であるなどと判断された場合には審査に落ちる可能性があります。
これはそれぞれの住宅ローンにより判断基準が違うため、一概にいくらとはいえません。

また、マイカーローンの他にもカードローンやクレジットカードのキャッシングなど複数のローンを利用しており収入に対しての返済額が明らかに高い場合などは審査落ちする可能性もあります。

長期返済の滞納を起こしているまたは何度も返済の遅れがあった

住宅ローンの審査では、個人信用情報という情報を確認しています。
個人信用情報とは、申込者(個人)と企業がお金の貸し借りをした時に記録される情報のことです。
カードローンや教育ローン、クレジットカードのキャッシング利用などの取引に関する情報が記録されています。

もちろんこの中にはマイカーローンの取引に関しても記録されることになり、いくら借り入れしたのか、返済日を守って返済しているのかなどの情報が記録されていくのです。
ここで返済日から1日でも滞納をしてしまうと、延滞の記録がついてしまいます。

数日程度の遅れが1回あったくらいであれば、問題になることはほとんどありませんが、数日程度の遅れが何度もある場合には審査落ちになる可能性があります。
さらにおよそ2ヶ月以上の長期の延滞が確認された場合には「信用事故」という記録が付き、通称「ブラックリスト入り」と呼ばれる状態になるのです。
このブラックリスト入りという状態になってしまうと、一定期間は住宅ローンを含むほぼ全てのローン審査に通過することができません。

また信用事故の記録はおよそ5〜10年ほど記録されたのちに、全ての取引情報と共に削除されることになります。
よって、信用事故の記録が消えた後なら審査通過の可能性が上がります。

マイカーローンを利用していても審査通過は可能だが融資額に影響がでる可能性あり

先ほども説明したように、借り入れ金額や返済の状況などに問題がなければ、マイカーローンを利用中でも住宅ローン審査に通過することは可能です。
ただしマイカーローンの月々の返済額によっては、住宅ローンにて希望額が借り入れできない場合もあるのです。

住宅ローンの融資額を決めるために重要な返済負担率

住宅ローンの審査や融資額を決定するために確認される項目の1つに、「返済負担率」というものがあります。
返済負担率とは、申込者の収入に対する返済費用の割合を表す比率のことです。
たとえば年収300万円の人が、年間で60万円をローンなどの返済にあてている場合には、返済比率は20%ということになります。
この返済比率が高くなればなるほど、住宅ローンの融資額が減っていきます。

これは住宅ローン側が「住宅ローンで返済金を増やしても、収入の割合から見て返済できる額が少ない」と判断するためです。

フラット35の借り入れ可能額をシミュレーションしてみた

実際にフラット35の借り入れ可能額シミュレーターを用いて、いくら借り入れができるのかを自動車ローンがある場合とない場合で比較して見ました。
借り入れの条件は以下の通りです。

  • 年収…600万円
  • 金利…1.5%
  • 返済期間…35年
  • 返済方式…元利均等方式

上記の条件で、ローン返済が全くない場合と、月々3万円のマイカーローン返済がある場合で借り入れ可能額をシミュレーションして見ました。

  • ローン返済が全くない場合の借入可能額(概算)⇒5715万円
  • 月々3万円のマイカーローン返済がある場合の借入可能額(概算)⇒4735万円

月々3万円の返済が借入可能額1千万円ほどの違いになる

先ほどのシミュレーションを見てもわかるように、マイカーローンの返済が月々3万円あるだけでも、借入可能額はおよそ1千万円ほどの差が生じてしまいます。

そのため、少しでも高額融資を希望する方であればマイカーローンを完済してからの方が高額融資を受けられる可能性が高いのです。
現在マイカーローンで月々の支払いがある方で、どうしてもすぐに住宅ローンに申し込んで高額融資が受けたいのであれば、一旦マイカーローンを完済することを考えましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最も低金利で充実保証の住宅ローンはココ!

住宅ローンによって金利、保障内容など強みが違うため、どこを選んでいいか分からない人も多いと思います。
そんな方のために、今最も人気のある住宅ローンの徹底比較サイトを作りました!「返済負担をとにかく安くしたい」「審査が不安・・・」など、これから住宅ローンを組む予定のある方は、是非チェックしてみてください。


最も低金利&充実保証の住宅ローンをチェックする

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*